平成29年4月1日から、立入検査によって重大な消防法令違反が確認された場合、これらの建物を利用される方々がその危険性に関する情報を自ら入手できるよう、当ホームページにおいて公表する制度です。

1 公表の対象となる建物

 ホテルや飲食店、物品販売店舗など、不特定多数の方が利用される建物

 病院や福祉施設など一人で避難することが困難な方が利用される建物 など

2 公表の対象となる違反内容(重大な消防法令違反)

 消防法で義務付けられた下記の消防用設備が設置されていない建物

 【屋内消火栓設備】・【スプリンクラー設備】・【自動火災報知設備】

3 公表までの流れ

     1.立入検査       2.通知書(公表の予告)の交付      3.公 表     

               

 ※消防署による立入検査で違反を確認し、建物の関係者に通知書を交付した日から14日が経過しても、その違反が継続して認められる場合に下記の内容を当ホームページに公表します。

 【建物の名称】・【建物の住所】・【違反の内容】

関連ファイル

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください