熱中症の応急手当のポイントを紹介します。

必ずしも炎天下の屋外だけでなく、暑い室内や車の中にいるだけでも熱中症になることがあります。

熱中症の症状

  1. 手足の筋肉に痛みを感じたり、筋肉が勝手に痙攣したりするこがあります。
  2. 体がだるくなったり、吐き気がしたり、頭痛やめまいが起きることもあります。
  3. 立ちくらみや頭がボーとして注意力が散漫になる症状もあります。
  4. おかしな言動がみられれば危険な状態です。

熱中症の応急手当の方法

熱中症の応急手当の方法の画像1
  1. 涼しい環境に移動させる。
  2. 衣服を脱がせ、体を冷やす。
  3. 水分や塩分を補給する。
  4. 楽な体位にする。
  5. 反応が鈍くなり自分で水分補給が出来ない時は、119番通報をして救急車を呼ぶ。
熱中症の応急手当の方法の画像2
 

熱中症は予防が大切です!

詳しくは、関連リンクをご覧ください。

関連リンク

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください