鳥取県東部環境クリーンセンターの概要

鳥取県東部環境クリーンセンターの画像 鳥取県東部環境クリーンセンターは、平成9年4月に供用開始し、不燃ごみの資源回収施設と最終処分場を管理運営している施設です。

 この施設内には、リサイクル啓発施設「リファーレンいなば」も設置しています。

  • 住所:〒689-0201 鳥取市伏野2220
  • 電話番号:0857-59-1802
  •  


    いなばくんの画像リファーレンいなば

    マスコットキャラクター

    「いなばくん」

    環境クリーンセンターの主な施設

    資源回収工場

     資源回収工場では、集められた資源ごみ、小型破砕ごみ、大型資源ごみから、人や機械により選別処理し、リサイクルできる鉄、アルミ、ビン等を回収しリサイクルしています。工場では、人の手で危険な物などを取り除き、破砕機、アルミ選別機、磁選機など多くの機械を使い、1日80tのごみを処理できます。

    最終処分場

    最終処分場の画像 最終処分場は、資源回収工場から出されるリサイクルできないごみと、直接持ち込まれた土石類、市町の焼却施設で可燃物を燃やした後の灰を埋め立てます。最終処分場は、汚れた水が地下にしみ込まないようにしゃ水シートを貼っていて、万一しゃ水シートが破損した場合でも自動的に検知できるシステムなどを採用した、安全性の高い施設です。
     また、しゃ水シートとして、熱可塑性ポリウレタン(TPU)シートを採用しています。TPUシートは他のシートと比較して強靱・柔軟で信頼性の高いシートとしての評価を得ています。

     

    浸出水処理施設

    浸出水処理施設の画像 浸出水処理施設では、資源回収工場と最終処分場から出る汚れた水を集め、微生物によって浄化し、さらに活性炭やキレート剤による高度な処理を行っており、放流先の河川や海の汚染防止に万全の配慮をしています。

     

    ペットボトルリサイクルセンター

    ペットボトルリサイクルセンターの画像 ペットボトルリサイクルセンターは、集められたペットボトルや食品トレイを再資源化するための施設です。

     ペットボトルリサイクルセンターでは、集められたペットボトルを袋から出し、人の手によりキャップやラベルをなどの不適物を取り除き、圧縮梱包機にて圧縮梱包し、再資源化工場へ搬出しています。食品トレイは袋に入れて一時保管し、再資源化工場へ搬出しています。

     

    関連ファイル

     ※無断転用・無断転載をお断りします。

    このページに関するアンケート

    このページの情報は役に立ちましたか?
    このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
    (ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください