防火対象物点検報告の特例認定制度

 防火対象物点検報告を必要とする防火対象物の管理権原者は、管轄する消防署に特例の認定を申請し、一定期間継続して消防法令を遵守していると認められた場合、その旨の表示を付することができるとともに、点検報告の義務が3年間免除される制度です。

特例認定の流れ

1 特例認定の申請

 防火対象物の管理権原者は、防火対象物点検資格者が行った防火対象物点検の結果が3年間継続して良好である場合、管轄する消防署に特例認定の申請をすることができます。

  消防局・消防署所のご案内

認定することができる防火対象物の要件 (以下要件はその一部です。) 
  • 管理を開始してから3年以上経過していること。
  • 過去3年以内に消防法令違反による命令を受けていないこと。
  • 過去3年以内に防火対象物点検が1年ごとに報告されていること。
  • 防火管理者の選任、消防計画の作成及び届出がされていること。
  • 消火、避難訓練が年2回以上実施され、事前に消防機関に通報(通知)されていること。
  • 消防用設備等点検報告がされていること。   など

 

  防火対象物点検報告特例認定申請書 (doc形式:39KB)

  防火対象物点検報告特例認定申請書 (pdf形式:93KB)

 ※各種届出等に関する様式は、申請・届出様式集をご覧ください。

 

 

 

2 消防署の立入検査

 特例認定の申請を受けた管轄の消防署は、防火対象物点検結果報告、防火対象物の施設や設備の火災予防上の状況を立入検査により確認させていただきます。立入検査時は防火管理者の立会いをお願いします。

3 特例認定審査会

 管轄の消防署の立入検査後、審査会を開催し特例の認定に関する審査を行います。

4 特例認定通知書の交付

 審査会により認定を決定した場合、特例認定通知書を交付する旨の通知を送付し、東部消防局において交付式を開催します。交付式は毎年3月末または9月末に行います。

5 防火優良認定証について

 防火優良認定証は東部消防局、消防署での販売はしておりません。下記の外部リンクをご確認ください。

  一般社団法人 鳥取県消防設備協会 (外部リンク)

 

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください